Rabbit Houseの活動日誌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

TOP

いらっしゃいませ、Rabbit Houseの活動日誌へようこそ!
このブログはポケモンの構築や考察を中心に書き込んでいくブログです。
たまにアニメの感想とか書くかも?
↓ここから僕のTwitterページに飛べます。よろしければフォローお願いします!
Twitter @subaru_1358

主な成績

<<レート>>

S3 最高最終2100 使用PT 
マリルリアイコン メガヘラアイコン クレセリア メガゲンアイコンpng 火トムアイコン ガブアイコン

S4 最高最終2121 46位 S5 最高最終2102 使用PT
メガクチート クレセリア トノアイコン メガノオーアイコン ポリ2アイコン ガブアイコン

S7 最高最終2102 使用PT
メガバクーダアイコン クレセリア ラプラスアイコン メガクチート ポリ2アイコン キノガッサ
[ポケモンORAS] ご注文はメガバクーダですか?[2100達成構築]

S8 最高2087 使用PT
メガクチート クレセリア ポリ2アイコン リザXアイコン ガブアイコン キノガッサ
[ポケモンORAS] クチクレポリ2 [S8後期使用構築]

S9 最高2077 使用PT
メガクチート ポリ2アイコン ガブアイコン ギャラアイコン 火トムアイコン メガゲンアイコンpng
[ポケモンORAS] ご注文はポリクチですか? [S9使用構築:最高2077]

S13 最高最終2014 使用PT
メガハガネールアイコンpng クレセリア ラプラスアイコン リザXアイコン ポリ2アイコン キノガッサ
[ポケモンORAS] ご注文はメガハガネールですか?? [S13 最高&最終2014]

S17 最高最終2129 88位 使用PT
メガクチート クレセリア メガヘラアイコン バンギアイコン トリトドンアイコン ニドキングアイコン
[ポケモンORAS] ご注文はオリジナルブレンドですか? [S17 最高&最終2129 88位]


<<オフ>>

第2回さいはてオフ 準優勝 使用PT
メガマンダアイコン マンムーアイコン バシャアイコン デスカーンアイコン ボルトアイコン ナットレイアイコン
[ポケモンORAS] ご注文は棺桶の器にピリ辛鶏肉と象肉にトゥナ添えでよろしいでしょうか?[第2回さいはてオフ準優勝構築]

第2回真皇杯東海予選 ベスト16 使用PT
メガガルアイコン ガブアイコン メガゲンアイコンpng マリルリアイコン サンダーアイコン ガモスアイコン
[ポケモンORAS] 初めてのガブガルゲン [真皇杯東海予選 ベスト16]

第3回東海シングルフェスタ 3位 使用PT ※構築記事ではありません
メガクチート クレセリア メガヘラアイコン バンギアイコン トリトドンアイコン ジュカインアイコン
[ポケモンORAS] 背伸びオフ、東海シングルフェスタ [オフレポ]

スポンサーサイト
TOP | コメント:0 |

[ポケモンORAS 番外編] 補完枠迷走の日々 [S17序盤~終盤使用構築]

いらっしゃいませ、スバルです。
みなさんS17お疲れ様でした。
本記事は[ポケモンORAS] ご注文はオリジナルブレンドですか? [S17 最高&最終2129 88位] から補完枠として紹介しなかったポケモン全てを公開する記事となっています。
まだリンク先の記事を見ていない方はリンク先の記事を見てからこちらの記事を見ることをお勧めします。
では早速個別紹介させていただきます。


※()内の数字は努力値です
原案
メガクチート クレセリア メガヘラアイコン バンギアイコン マンムーアイコン ブルンゲルアイコン

マンムーアイコン
マンムー@気合の襷
性格:意地っ張り
特性:厚い脂肪
実数値:186(4)-200(252)-100-x-80-132(252)
技構成:地震/氷柱針/がむしゃら/氷の礫

特筆することない襷マンムーです。
陽気にする理由がなかったので火力を少しでも上げられる意地っ張りでの採用となりました。
サイクルを回すPTではないので遂行速度の遅いステロ、毒は採用せず、かむしゃらで物理受けを削る役割も担ってました。
久しぶりに使いましたが、無難に強かったです。

ブルンゲルアイコン
ブルンゲル@オボンのみ
性格:図太い
特性:貯水
実数値:204(228)-x-133(244)-105-125-85(36)
技構成:熱湯/挑発/自己再生/トリックルーム

水の一貫があるPTだったので水の一貫を切りつつ、ガルーラやバシャ受けにしてもらいたかったため貯水ブルンゲルを採用することにしました。
技構成はスイクンを意識した技構成になっており、トリルを貼って下から挑発することでスイクンの起点を防ぎ、相手の熱湯は貯水で無効化にできるので机上論でスイクンを流すことのできる型になっています。
しかし熱湯で燃やす前提の立ち回りとなってしまったため、燃えないと全く負荷が掛からず、トリル下でブルンゲルより遅いポケモンが出てしまって殴られる展開もよくあったので非常に扱いの難しいポケモンだったと思います。
ブルンの挑発を警戒するプレイヤーがいなかったためか、挑発が刺さった印象がありましたので一定の収穫はありました。

Ver1.1
メガクチート クレセリア メガヘラアイコン バンギアイコン マリルリアイコン ジュカインアイコン

マリルリアイコン
マリルリ@こだわりハチマキ
性格:意地っ張り
特性:力持ち
実数値:175-112(252)-120(156)-x-100-83(100)
技構成:滝登り/じゃれつく/馬鹿力/アクアジェット

・メガバシャのエッジ2耐え
・無振り60族+3

対バシャ、サザンやガモスに強く、ガルーラをワンパンできる鉢巻マリルリを採用しました。
バシャが重たい構築だったのでエッジ2耐えできるところまでBに振って無振りポリ2に対して上から馬鹿力が通るようにSを引き上げました。
対面性能は悪くはなかったのですが、拘ったあとのリカバリーが難しかったため選出は控えめでした。当時このことに気づいてない模様

ジュカインアイコン
ジュカイン@命の珠
性格:せっかち
特性:深緑
実数値:145-125(156)-76-138(100)-105-189(252)
技構成:リーフストーム/地震/身代わり/岩石封じ

・H振りヒードランを地震で確定
・無振りリザを岩石で最低乱数以外確定
・深緑リフストで無振りガブ確定

本記事一番の目玉であるかもしれないジュカインです。
カバリザを崩す手段がなく、水にも相手できるポケモンを探してブログを手あたり次第探していたところ珠ジュカインに目を付けて採用しました。
ジュカインといえばメガ進化を想定して動いてくるので、リザの行動はYならメガ進化して攻撃、Xならメガ進化せずに積み技をしてくるのでそこに岩石を当てて相手のゲームメイクを崩すことができます。
ジュカインを入れたことで見た目で重たいガモスやアローも誘って倒す形も取れるため非常に使いやすかったです。
身代わりは交換読みで使うだけでなく、深緑圏内に入れるためにも使うことができ、深緑が発動した状態のリフストでガブが確1取れるので非常にシナジーのある技だと感じました。
なぜせっかちなのかの声もあるかもしれませんが、受けだしや相手にするポケモンが特殊に偏ってるため無邪気ではなくせっかちでの採用となっています。
珠ジュカインが活躍した試合をBVにしましたのでよかったら見てください。
試合内容は微妙かもしれませんが、せっかちが非常に生きた試合となっています。
AQFW-WWWW-WW4T-HAQ8

Ver.1.2 ※背伸びオフで使用しました
メガクチート クレセリア メガヘラアイコン バンギアイコン ジュカインアイコン エンテイアイコン

エンテイアイコン
エンテイ@こだわりハチマキ
性格:意地っ張り
特性:プレッシャー
実数値:207(132)-183(252)-117(92)-x-97(12)-123(20)
技構成:聖なる炎/地ならし/ストーンエッジ/アイアンヘッド

・特化メガクチの+2不意打ち最高切り耐え
・C252メガルカリオの気合玉を最高2つ切って耐え
・準速ガッサ抜き

対フェアリーやバンギを出せないときの対ゲンガー用に鉢巻エンテイを採用しました。
初手に出して雑に聖炎をぶっぱするだけでも強かったです。
聖炎を受けに出てくるガブやカバに対しても燃やしてeasy winすることも珍しくなかったため50%の圧力はとても心強かったです。

Ver1.3 は東海シングルフェスタで使用した並びとなっています。
こちらから並びを確認できます。

迷走期(ここから一気に紹介します)
メガクチート クレセリア メガヘラアイコン バンギアイコン トリトドンアイコン @1~2
※@2の場合、トリトドンが入れ替わる形になります。

アローアイコン
ファイアロー@食べ残し
性格:陽気
特性:はやての翼
実数値:183(236)-102(4)-92(4)-x-114(196)-170(68)
技構成:ブレイブバード/鬼火/羽休め/身代わり

・C実数値152のドランのマグストを身代わりが最高切り耐え
・最速ガブ抜き

フェアリー技に対して受け出しが効きつつ、重たかったヘラクロスやバシャ、ガモスの牽制役として採用しました。
ガブも重いため上から鬼火を撒いて後続の負荷を軽減できるこの型は誤魔化し枠として優秀でした。
しかしAD空元気ガルーラが流行してそのままPTが崩壊することもあったため環境に合わない型を使ってしまったと思います。

シャンデラアイコン
シャンデラ@風船
性格:控えめ
特性:貰い火
実数値:147(92)-x-137(212)-210(204)-110-100
技構成:シャドーボール/大文字/鬼火/トリックルーム

・特化メガガルの不意打ちが高乱数耐え(81.25%)

バレルやバシャ、アローに対するケアとして採用しました。
ここまでBに振ることでガルーラの不意打ちが高乱数で耐えてくれるのでガルガブに対して行動保証がとれる型でした。
しかし、選出率が伸びず、負け試合が続いてしまったため5試合ぐらいで入れ替えました。

ガブアイコン
ガブリアス@ゴツゴツメット ※このときクレセリアはオボンのみで使用しました
性格:陽気
特性:サメ肌
実数値:189(44)-165(116)-127(92)-x-106(4)-169(252)
技構成:地震/毒/吠える/ステルスロック

・A252振りメガガルの冷凍パンチ1発目確定耐え
・地震でB4振りメガガルの最低ダメージが78 ※地震+(ゴツメ+サメ肌)×2回でH4B4振りまでのメガガルーラが落ちる
・A実数値192メガガルの秘密+不意を全て最高乱数以外耐え
・特化マリルリの太鼓アクジェを最高切り耐え
・特化メガクチートの+2不意打ちを最高2つ切って耐え

PTに足りないストッパー性能がほしかったため襷ガブでもよかったかもしれませんが、このPTに出てくるガルーラのほとんどがグロパンしてくることがわかったので、グロパンのケアも含めてゴツメガブでの採用となりました。
後出ししてくる耐久ポケモンに毒、バトンや積み展開の阻害として吠えるを入れてましたが、この技構成ではBに厚く振ったガルーラを突破できないためどちらかを抜いて逆鱗を採用するべきでした。
逆鱗ならhAbメガガル(197‐135)でも最低乱数以外で突破できたり、浮いてるポケモンへの打点が取れるためこのPTには逆鱗でよかったと思います。
ステロはアローやガモス、リザをケアするために必要な技であったため抜くことができませんした。
耐久方面を乱数で妥協しているところはありますが、それが響いた試合はなかったので調整はこれでよかったと思います。
このガブは強かったのですが、クレセがゴツメじゃない弊害で負けた試合を作ってしまったため解散することになりました。

マリルリアイコン
マリルリ@こだわりハチマキ
性格:意地っ張り
特性:力持ち
実数値:182(52)-112(252)-113(100)-x-101(4)-83(100)
技構成:滝登り/じゃれつく/馬鹿力/アクアジェット

・特化メガサーナイトのハイボを確定耐え
・特化メガバシャの膝を2耐え ※エッジは低乱数2発(2.3%)

PT単位でメガサーナイトが重かったため、前述したマリルリの調整を変えてメガサナのハイボを耐えられるように調整し直しました。
この調整のおかげでサナを見てもマリルリを出す選択肢が広がり、勝利に直結した試合を作れたのでその点はよかったと思いました。
だが、拘ったあとのリカバリーができず、選出した際の勝率が低かったことをここで気づいたため解散することなりました。

ジャローダアイコン
ジャローダ@気合の襷 ※@2枠のうちの1匹、後述する火トムとセットでPTに入れてました
性格:臆病
特性:天邪鬼
実数値:150-x-115-127(252)-116(4)-180(248) ※めざ岩個体
技構成:リーフストーム/めざめるパワー岩/蛇睨み/ミラーコート

ある人と構築相談を持ちかけた際に襷めざ岩ジャローダを使っていて強そうに感じたので、真似する形で使ってみることにしました。
出せば確実に仕事をする強さは感じましたが、先発か死に出しの展開でしか出せない場面が多いため、選出時に窮屈になる場面が多くなかなか出す機会がありませんでした。

火トムアイコン
火ロトム@達人の帯 ※@2枠のうちの1匹、前述のジャローダとセットでPTに入れてました
性格:控えめ
特性:浮遊
実数値:145(156)-x-127-172(252)-129(12)-117(88) ※めざ氷個体
技構成:10万ボルト/オーバーヒート/めざめるパワー氷/ボルトチェンジ

・帯オバヒでH振りギルガルドを確定
・帯めざ氷で無振りガブが高乱数1発(87.5%)
・S113付近に調整してるスイクンを抜ける程度のS

火ロトムもジャローダと同じ理由で使おうと思っていたのですが、育成するのがめんどくさかったため、ボックスに眠ってた個体を引っ張り出して使うことにしました。
しかし耐久面がまったくないため、安易に後出しするのが難しい状況になった場面が多かったので、素直に別個体を育成するべきでした。

<<最終形>>
メガクチート クレセリア メガヘラアイコン バンギアイコン トリトドンアイコン ニドキングアイコン



かなり長くなってしまいましたが、これで補完枠で使ったポケモンを全て紹介しました。
迷走期は紹介したポケモンだけでなく、迷走期前に使っていたポケモンを戻してみたりと日替わりでPTが変わることをよくしていました。
ひどいときは1日に3回PTを入れ替えるなんて日があってとても苦しかったです。
レートは夜~深夜にかけて潜っていましたが、そうではないときは補完枠に合うポケモンを考えたり、ブログを漁ったり、調整を考えたり、いいと思ったポケモンを育成したりとほとんどの時間をポケモンに費やしてました。そのせいで見てたアニメを3本切ることになりました;;
しかし最後のシーズンで結果を出すことができて改めてよかったと思いました。
まだ書きたいことはありますが、記事が想像以上に長くなってしまったのでこれで終わりにします。
ここまで読んでくださってありがとうございました!!
ごちうさ501b


雑な構築 | コメント:0 |

[ポケモンORAS] ご注文はオリジナルブレンドですか? [S17 最高&最終2129 88位]

<<前語り>>
いらっしゃいませ、スバルです。
今期はS7以来、1年半ぶりに2100を達成することができましたので、記事を残すことにしました。
今期が最後ということでXYの頃、最初にメガ進化として使ったクチートと初めて2100を達成したヘラクロスを一緒に入れて思入れの強い子達で戦っていくを決めました。
裏には2匹との相性がよく長い間第一線で活躍したクレセリアを加えて、メガゲンガーとこちらのメガ枠を1:1に取られないようにバンギラスの4匹を軸として、補完枠に色々と迷走しながらも最終的にトリトドンとニドキングになりました。
では、PT紹介とさせていただきます。

クチヘラ構築 S17

説明の関係上、紹介順はヘラクロス→クチート→クレセリア→バンギラス→トリトドン→ニドキングとさせていただきます。
構築記事としては書いていませんが第3回背伸びオフ、第3回東海シングルフェスタから技の変更がありますので、東海シングルフェスタから変更したのを赤字、それ以降に変更したのをで表示します。


<<個別紹介>>
()内の数字は努力値です。
以降のリンク先は全て無断掲載です。もし問題があるようでしたら一声掛けてください。リンク削除の対応致します。

メガヘラ

ヘラクロス@ヘラクロスナイト
性格:意地っ張り
特性:自信過剰→スキルリンク
実数値:181(204)-167(52)-95-x-115-137(252)
進化後:181(204)-233(52)-135-x-125-127(252)
技構成:ミサイル針/インファイト/ロックブラスト/守る→身代わり

・特化メガガルーラの捨て身タックル確定耐え
・特化マリルリの太鼓アクアジェット確定耐え
・ミサイル針2回でHBスイクン中乱数2発(68.35%)
不一致イカサマで身代わり確定耐え

本構築のエースにあたるヘラクロスです。
調整はAdamsさんのヘラクロスから拝借しました。
今期は遅いガルーラが多くなるのを予想したのとメガしても上からキノガッサやヒードランを殴ることができる準速が使いやすいと考えました。
最初は守るを使用していましたが有用に思えた場面が少なかったこと、初手ガルヘラ対面で猫を打ってくるケースがほとんどなかったため、猫捨身ガルを切って、それまで処理ルートが全くなかったモロバレルのメタ、ヘラ特有の交換読みのリスク軽減、状態異常回避等を考えて身代わりに変更しました。
この変更が大正解でモロバレルやガッサ対して身代わりを残したまま突破できるようになっただけでなく、麻痺バクや技外し待ち、対オニゴーリに対してもかなりこちらに分のいい勝負ができるようになり、とても使い勝手がよかったです。
命中不安を2つ抱えていますが、技は外さないし避けないと勝てない場面で避けたりと自覚の塊を見せてくれました。
MVPは間違いなくこの子だと信じています。

メガクチートpng
クチート@クチートナイト
性格:意地っ張り
特性:威嚇→力持ち
実数値:141(124)-145(212)-105-x-75-92(172)
進化後:141(124)-167(212)-145-x-115-92(172)
技構成:アイアンヘッド/不意打ち/岩雪崩/炎の牙

・威嚇込み特化珠ファイアローのフレドラ最高切り耐え
・ステロ2回+特化メガハッサムの剣舞バレパン確定耐え
・メガ前特化眼鏡ニンフィアのハイボ確定耐え
・アイへ+不意でH振りギルガルドを超高乱数で落とす
・アイへ+不意で209ガルーラまで確定、hAbガルーラ(197-135)はアイへを最低乱数引いても不意で31.3%で突破可能
・無振り70族+2(S89付近のギルガルドを意識)

本構築の裏エースにあたるクチートで地雷枠になります。
おそらくこの技構成や調整のクチートを使っているのは僕だけだと思っています。
まずヘラクロスに勝てないところにクチートが刺さるように考えた結果、命中安定でフェアリー相手にほぼワンパンできるアイアンヘッド、H振りアローに鬼火を撒かれても突破できる雪崩、メガハッサムに対してワンパンでき、ナットレイやクチートに対して有効打になりえる炎牙、削れた相手に仕留めたり、高火力で上から攻撃できる不意打ちの4つを採用しました。
そのためじゃれ叩きを入れるスペースがなくなってしまったため、断腸の思いで切ることになりました。
しかしこのままではギルガルドに勝てないので、初手アローに対して雪崩が安定行動になりえるH141を確保し、最低限のA保ちつつ上から不意打ちを通すために極限までSを割きました。
ガルド対面でアイへを打つ理由は弱点保険の警戒とお互いの行動でどちらが上を取っているのかを確認するためです。(残飯ガルドやSが速い身代わりガルドは非考慮
ピーキーな技構成のためマリルリとギャラ以外の水タイプには有効打がなくなってしまったが、後述するトリトドンで牽制もしくはヘラクロスでなんとかなるのでそこまで気になることはありませんでした。
それ以上にSに割いたおかげで甘えたニンフィア出しでも上からアイへで落としたり、ガルドに対して狙い通りの動きで落としたり、ミラーにも強く出ることができたためこのPTにはこの子が合っていたと思います。

クレセ
クレセリア@ゴツゴツメット
性格:図太い
特性:浮遊
実数値:227(252)-67-189(252)-95-151(4)-95 ※A0、S妥協個体
技構成:冷凍ビーム/電磁波/月の光→トリックルーム/三日月の舞

いつもの。
今回はPT全体でガブやマンダなど竜が重たいと感じたため、攻撃技は冷凍ビームにしました。
背伸びオフまでは月の光で採用していましたが、東海シングルフェスタでお試し感覚でトリルに変更したところ、トリルのおかげで勝てた試合を複数回作れたためその後もトリルで使い続けてました。
トリル電磁波の最大の利点は相手のPTに合わせてS操作ができることだと考えています。
そのためトリルと電磁波が邪魔になる場面がなく、逆にトリルが残り少ない状態で下から電磁波打って切れたら後続が上から殴る立ち回りもできて使っていてとても楽しかったです。
トリルと電磁波は相手の身代わりにはとても弱く、そのまま起点にされて負けることも珍しくないです。
しかし裏にヘラクロスが控えていれば、トリル→三日月→ヘラで下から殴って身代わり貫通して突破するルートが取れるため起点されても大丈夫なことが多かったです。(交換でトリルターンを稼ぐように見えたら身代わり貼ってアドを取っていく動きもまた強いと感じました。)
広い範囲を受け切れるため、選出が歪まされることがない限り選出してS操作してアタッカーを蘇生させてあげてました。
17回のシーズンで5回2100達成しているのですが、全てトリル三日月クレセがPTに入れていたので、この子なしではやっていけませんでした。

バンギラス
バンギラス@ラムのみ
性格:慎重
特性:砂起こし
実数値:207(252)-162(60)-130-x-159(196)-81
技構成:岩雪崩/追い打ち/電磁波/冷凍パンチ

・砂ダメ1回+成功追い打ちでH振りメガゲンガーを中乱数で落とす(68.8%)
・特化ガブの地震確定耐え
・C252振りメガゲンガーの気合玉を確定耐え

メガゲンガーとこちらのメガ枠を1:1取られるのが一番の負け筋になると考えたので、よくいるおいうちバンギラスを採用しました。
技構成はadamsさんのバンギラス(※ヘラクロスと同じブログ元です)をそのまま採用しましたが、調整には疑問を感じており、テンプレや受けル使いに聞いても納得できる調整ではなかったので自分で調整を考えることにしました。
テンプレと違い、Dを少し削ってAに回したことで砂ダメ1回+成功追い打ちでメガゲンガーを落とす確率を従来と比べて12%ほど向上させ、なおかつC252振り気合玉確定耐えを両立できる調整にしました。
これによりメガゲンガーをより安定して処理をしやすいバンギラスになったと思います。
場合によっては追い打ちか電磁波の択になるものの、そこは択に勝てばいいと割り切っていました。
ゲンガーだけでなく、こちらのメガ枠に弱いアローやサザン、ガモス、リザYにも役割を持てるため縁の下の力持ち的な存在でいてくれました。
冷凍パンチはガブ交換読みや起点回避として打つ技であり、通れば裏のゴツメか不意打ち圏内まで削れるためかなり重宝しました。

トリトドン東の海
トリトドン@突撃チョッキ
性格:控えめ
特性:呼び水
実数値:215(228)-x-101(100)-148(180)-102-56 ※S個体値24
技構成:熱湯/大地の力/地割れ/冷凍ビーム

・H8n-1調整
・B<D調整
・最遅ガルド抜かれ

背伸びオフで予選落ちして宿で一人反省会をしたところ、スイクンやミトムなど水タイプを良く選出されることに気がついたため、その水や電気を強烈に牽制できて、対面バシャや催眠以外のゲンガーに弱くないチョッキトリトドンを採用することにしました。
調整はカフカさんのトリトドンから拝借しました。
始めはトリトドンの種族値の低さから活躍できるのか不安ではあったが、水+地面+氷の範囲の広さと1発は耐えてくれる安心感もあり、環境上位のポケモンに刺さる場面が非常に多かったため使ってみてその強さがよく分かりました。
PTで崩すのが難しい水+ガルドの並びに対しても強気に出せることもあってPTにはなくてはならない存在になってくれました。
地割れはピクシーやスイクン、メガヤミラミに対して打つ技ですが、後がない場面でも3割で逆転できる可能性を秘めた技であり、実際2回ガルーラを割って突破していきました。
改めてチョッキ持ちの一撃必殺技は強いと感じました。


ニドキングを紹介する前にここまで重いところ・弱いところを並べていくと
・太鼓マリルリをはじめ、積まれたあとのストッパーがいない
・クチートを選出できないときのサーナイトの処理ルートが安定しない(サナドランなど)
・バシャ+妖+浮いてる電気にサイクル負けする
・ガブ(鉢巻は誰も勝てない)の処理ルートの少なさ
・サザンやガモスなど高火力特殊アタッカーが辛い
・相手のクチートとヘラクロス(ミラー)が重い

このことを考えて6匹目は相当頭を悩ませ、日替わりで色んなポケモンを使ってましたがレートは伸び悩んでました。
そんなときに背伸びオフからの反省会でニドキングの考察をしていたことを思い出し、襷ニドキングなら上記の重いところをほとんどカバーできると考えたので、厳選に時間を費やす日々を送り(6V、夢、♂のみの厳選は辛かった)最終日の1週間前にようやく育成も終えてニドキングをPTに入れることになりました。

ニドキング
ニドキング:気合の襷
性格:うっかりや
特性:力ずく
実数値:156-123(4)-97-150(252)-85-137(252)
技構成:ヘドロウェーブ/大地の力/不意打ち/冷凍ビーム

・ヘドロウェーブでH92振りサーナイトを確定1発
・ヘドロウェーブ+不意打ちでH振りメガサーナイトを確定

迷走しながら最後に入ってきたポケモンです。
技のデパートというだけあってたくさん候補がありますが、今回はタイプ一致の2つと不意打ちと冷凍ビームを選択しました。
まずメガサーナイトの処理にはヘドロウェーブだけでは足りないのですが、不意打ちがあることでサーナイトがメガかメガじゃないのか関わらずに処理ができるようになりました。
その他にも襷潰しや襷を盾にゲッコウガの処理、襷ガブでも1:1交換できたりなど使う場面は多岐にわたりました。
4枠目の冷凍ビームはガブやマンダ、霊ランドの処理を襷を盾に処理すること考えて採用しましたが、技のデパートたる所以か読まれることはなかったため、しっかり倒してくれました。
そして襷を持たせることでストッパー性能を確保し、マリルリの太鼓アクジェや上から高火力で殴ってくるポケモンに対しても襷で耐えて返しの攻撃で落とす展開をしっかり作れたためこの子を育成してよかったと思いました。
炎技や岩技は持っていませんが、持っているように後出しすると相手は勝手に有効打があると判断して交代してくれることが多々あったので、そこに交換読み冷ビで出落ちさせたりできるのもニドキングの強さだと感じる場面もありました。


<<選出>>
基本的にメガ枠+クレセリア+@1で選出することが多かったのですが、2匹のメガ枠の通りが悪かったり、トリトドンやニドキングの通りがいいと感じた際はメガなし選出もやっていました。
このPTは相手の軸に合わせて選出するよりかは相手の取り巻きに合わせて選出するパターンが非常に多かったため、メガ枠2匹でこのポケモンを見かけたら選出できない、選出しにくいのかを出します。
左に行くほど、選出を避ける、選出しても絶対勝てない、もう片方のメガ枠を選出するなどと捉えてくれれば幸いです。
一方のメガ枠が弱いところには裏のメガ枠が刺さるように組んでいるため片方のみなら互角以上に戦えました。
しかし両方いた場合、重い構築に当たってしまったことになるので厳しい戦いを強いられます。

メガクチートの場合
ドランアイコン ヤドランアイコン キノガッサ スイクンアイコン ラグアイコン ムドーアイコン オニゴーリアイコン カバアイコン バレルアイコン

メガヘラアイコンの場合
ガルドアイコン ハッサムアイコン ピクシーアイコン ニンフィアアイコン クチート マリルリアイコン アローアイコン


<<後語り>>
最後のシーズンで2100達成することができた(しかも自己最高レート更新)うえに目標だった100位以内にも入れて大変満足できるシーズンを送ることができました。
S9で挫折して辞めた頃を考えると夢ではないかと思う気持ちと今期必死になって模索し続けてきたのが報われて頑張ってきてよかったと気持ちでいっぱいです。
やっぱり僕にはポケモンから離れることができませんでした。
好きだから戻ってこれたし真剣にPT考察や調整等を考え抜くことができたと思います。
キーになった試合はニドキングを入れた最初の試合でリザXグライを2タテしナットレイを削る大活躍をしてくれたのが大きかったと思います。(ナットに後出しして文字持ってると見せかけるプレイングしてグライ交換読み冷ビでグライ出落ち)
あそこで今まで迷走してた自信が持てなかった自分の構築に自信を持てるようになりました。
そこから24試合で19勝5敗の成績をたたき出して、1900台から鬼門であった2000~の戦いもすんなり通過することができました。
トリトドンもニドキングも背伸びオフで負けたから出てきた子達なので、あの敗退が僕をここまで導いてくれたと考えています。
オフの参加がモチベの向上に繋がることが多いので、サンムーンからは積極的にオフに参加できたらと考えています。
サンムーンでもまたポケモンをやるつもりでいますので、対戦する機会がありましたらよろしくお願いします!
ここまで読んでくださってありがとうございました!!
ごちうさ501b

スクリーンショット (171a)





















構築 | コメント:0 |

[ポケモンORAS] 背伸びオフ、東海シングルフェスタ [オフレポ]

いらっしゃいませ、スバルです。
今回は第三回背伸びオフ、第三回東海シングルフェスタに出場しました。
背伸びオフはギルガルドブロックで4-3より予選落ち。
東海シングルフェスタでは日本ブロックで8-2から1位抜け、3決に勝って3位になることができました。
今回使用した構築はこちらになります。

第3回東海シングル

背伸びオフではトリトドンの枠がエンテイになっていました。


せっかく結果を残したので公開しようか迷いましたが、今後も使っていきたいと考えたので誰がメガ進化するのかも含めて詳細を公開しないことにしました。
しかし、久しぶりのブログの更新なのにこのままでは寂しいと感じたので3決の試合(発狂劇場)についてお話しします。
3決の試合は時間の都合上、決勝戦と同時進行で行われたため、放送されることがなく事の顛末を知る人がほとんどいないのでちょうどいいかと考えました。
※本来BVを挙げて重要な場面だけを解説するつもりでしたが、BVを保存するのを忘れてしまったので1ターン1ターン細かく解説します。

3決の試合はかずやんさんと対戦することになり、かずやんさんのPTは
エーフィブラッキーゲンガー
ルカリオマリルリガブリアス

まさかエフィブラでここまで勝ち上がってくるのは予想外だったため、びっくりしながら選出を決めていました。
まずクチートが刺さっていたので確定。ガブやルカリオ受けにクレセも確定。最後にゲンガーとクチートを1:1取られるのが一番の負け筋だと考えたのでそこに弱くないトドンを選出することに決めました。
先発は全体的に出し負けの場面を作りにくいのとクチートゲンガー対面を作りたくないことからトドンから入りました。

先発トドンアイコン後発クチートクレセリア


※左側がスバル視点、右側がかずやんさん視点です。

1ターン目 トドンアイコン 熱湯 ゲンガーアイコンメガゲンアイコンpng 守る
先発は予想通りゲンガーから入ってきたので熱湯を選択するとゲンガーがメガ進化してきて守ってきました。
こちらとしてはトドンとゲンガーで1:1取られてもいいように選出したので次のターンはゲンガーを確定で落とせる大地の力が安定択になりました。

2ターン目 トドンアイコン大地の力 メガゲンアイコンpng 交換 ブラッキーアイコン ※急所に当たった! 残り体力6割程度
トドンと1:1交換は好ましくないと判断したのか相手はゲンガーを交換しブラッキーを繰り出してきました。
大地の力が急所に当たり、4割程度削れました。

3ターン目 トドンアイコン 地割れ ブラッキーアイコン 交換 メガゲンアイコンpng ※一撃必殺! ゲンガーが倒れた
この試合の分岐点(問題)になったターンです。
ここで相手の選択肢として月の光でブラッキーの体力を回復するか裏のクチートやヘラクロスの交換を読んでゲンガーを釣り出ししてくる可能性がありました。
急所によって予想以上にダメージが入ったため、回復してくる可能性もあったのでクチート交換も考えましたが、ゲンガーを釣り出して1:1交換を仕掛けてくる可能性が非常に高いこの場面で安易に交換の択を選択するのが難しい状況になりました。
どっちの可能性も捨てきれなかったが、こちらのメガ枠と1:1取られるのが最悪な状況なので、3割でどの状況にも対応できて交換択を作らない地割れを選択しました。
やぱり相手は交換を選択しメガゲンガーが出てきてそこに地割れが炸裂しました!
本来1:1交換でもしょうがないメガゲンガーを無償で突破できたためこちらにとてつもないアドバンテージを手に入れました。
そのため
強い~~~!!!!!!!!!
思わず発狂してしまい決勝戦の解説をしていた運営さんに突っ込まれましたが、当の本人はいっさい気にしていませんでした。第2回さいはてオフの準決勝でも地割れヒットで発狂した模様 こいつホンマに反省しないな…

4ターン目トドンアイコン 交換 クチート ブラッキーアイコン威張る ※クチートA2↑ 混乱状態
メガゲンガーの障害がなくなったため安心してクチートを投げたら威張られました。
ここにきてもまだ混乱自傷による負け筋が残る展開になりました。

5ターン目クチートメガクチートアイへ ブラッキーアイコンイカサマ ※イカサマでクチートの残り体力が4割程度、アイへでブラッキー突破 クチートA+2 混乱継続中
慎重に立ち回るなら一旦トドンに交換してもよかったかもしれませんが、試合の流れがこっちに来てることを考えて自傷しないと思ったので勢いで突っ張りました。
その結果、クチートが自覚を見せつけ、ブラッキーを突破してくれました。
もし自傷したらトドンバックから地割れ連打するつもりでした。

6ターン目 メガクチート 交換 クレセリア ガブアイコン地震 ※効果がないようだ… 次のターンで相手が降参を選択
最後はガブリアスが出てきたのでクチートを残し、クレセ後投げから詰めに行く展開にしました。
次のターンに降参を貰い3決に勝つことができました。


運勝ちと言われても仕方ないですが、立ち回り、選出にミスはないと思っているので反省することはないです。発狂のことは反省してます。
トドンの枠がエンテイだったらこの試合だけでなく他の試合でもいくつも落としてる可能性があったので、この結果は背伸びオフで予選落ちしてから反省し、対戦結果から呼びやすいポケモンを牽制、そこに強いポケモンを探すことができたのが一番大きかったと思います。
連日オフは初めての経験でどうなるか不安でしかありませんでしたが、最後に勝って終わることができたのは非常によかったです。
このオフで一番の収穫は2日間でガルーラスタンとの相手に選出ミスの1敗を除いて全て勝つことができたことだと思います。(11勝1敗)
この安定感ならレートでも通用すると考えたため、詳細を非公開にしたもう一つの理由になります。
ただし穴もまだ多いためレートが終わるまでの期間はグルグル変えながら迷走することになりそうです。


そろそろ後語りに入ろうかと思います。
予選抜けの発表の際、日本ブロックから発表することになり、1位抜けの僕が1番手だったので何か強烈なことを残したいなと考えた結果、
「今回は3メガ構築を使っているので覚悟してください!」
という意味深発言を残し、決勝トナメでも相手が選出と、どれがメガ進化をしてくるのかを悩んでいるうちにこちらが選出を先に決める「先制選出アドバンテージ」を取りまくったことが勝因だと考えています。ソースはない模様
東海シングルフェスタではとてもユニークな遊び、予選抜けを決める大会である印象を強く持ちました。
とあるブロックで2位が3人出た際に黒ひげ危機一髪(剣を刺して黒ひげを飛ばすおもちゃ)を使って飛ばした人が予選抜けしたり、敗者復活枠にじゃんけんやくじで残った人が目隠ししてポケモンを対戦する新しいポケモンバトルを行いました。
終始カオスな展開でメガ進化を押したくても降参ボタンを押して負けそうになる場面が何回もあり、会場全体が爆笑の渦に包みこまれましたww(あまりにもうるさかったため、市民館の人が見回り?に来るレベルでした)
今回は非常に貴重な経験することができて本当によかったと思います。
背伸びオフ、東海シングルフェスタで対戦して下さった方々、それぞれの大会の運営、僕に絡んでくれた人、僕の3DSのRボタンが反応しにくい状態をわずか10分で直してくれた楽園さん、そして背伸びオフが終わってからも常に行動したdynamoさんとセブンさんに感謝の気持ちを書き込んでここで失礼しようかと思います。
皆さん本当にありがとうございました!!!
ごちうさ501b

オフレポ | コメント:0 |

[ポケモンORAS] 構築草案 バンドリュマンダ

しばらくポケモン対戦から離れるのでメモ次いでにここに書き留めておこうかと思います。
詳しい数値を知りたいって方はTwitter(@subaru_1358)までお願いします。
今回はバンドリュマンダに興味を持ったのでその構築を組もうと考えましたが、上手くまとまらなかったのであとはあなたが構築を完成させてください。

バンギラス@さらさら岩 能天気 BSベース
岩石封じ/馬鹿力/冷凍ビーム/ステルスロック

ドリュウズ@弱点保険 意地っ張り ASベース
地震/岩雪崩/剣の舞/鉄壁

ボーマンダ@ナイト 意地っ張り HDSベース
恩返し/身代わり/竜の舞/羽休め

バシャーモ@ラムor襷 意地or陽気 ASベース
守る/鬼火/バトンorフレドラor膝or叩きから2つ選択

霊獣ボルト@オボンのみ 臆病or控え目 HSベース
10万/めざ氷/気合玉/悪巧みor高速移動

要検討枠
ミトム@残飯 臆病or穏やか HSベース
放電/鬼火/身代わり/あやしいひかり

ざっと考えてこの構築の肝はバシャだと考えてます。
バシャの型をバトンにするかしないかで大きく変わっていきます。
普通のラムバシャならエースとして運用ができ、死に際に鬼火を撒いて裏のポケモンの起点を作ることができます。
ここがバトンバシャなら汎用性は失われますが、裏のポケモンの全抜き耐性を整えやすくなります。
特に加速バトンからドリュに繋げることで砂の恩恵をあずからなくても機能しやすくするため無理にバンドリュ選出しなくてもピンでドリュを投げられるのが一番の強みかと考えてます。
霊獣ボルトの型はバトンしない型なら高速移動型、バトンするタイプなら悪巧み型を推奨します。
要検討枠にミトムを一応入れてはいますが、この枠がしっくりきてないのでこういう記載にしました。
この枠は最低でもマンムーを安定して後投げできる駒じゃないと話しにならないので、その点を踏まえて構築を組んでもらえるといいと思います。
それではこれにて失礼いたします。
pngとか画像使わないとすぐに書けるからいいですよね
雑な構築 | コメント:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。